さあ、いよいよ田島、清水両教授の出番です!!国会クツ投げ公判のヤマ場、みなさん傍聴を!

★☆★☆★☆☆★☆(転送・転載大歓迎)★☆★☆★☆☆★☆

さあ、いよいよ田島、清水両教授の出番です!!

  国会クツ投げ公判のヤマ場、みなさん傍聴を!

【8月29日スケジュール】

12時~東京地裁前集合・昼休み情宣開始

13時~傍聴券配布。13時半~公判開始@東京地裁429号法廷

報告集会:18時半開場、19時開始@水道橋「スペースたんぽぽ」

地図:http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336

発言者:Aさん、弁護団、田島泰彦さん、清水雅彦さん、弾圧と闘う各団体から

資料代:500円

 

★Aさんにクツを投げさせたものは何か?秘密保護法の中身を暴く

 昨年12月6日、特定秘密保護法の強行採決に抗議し、参議院本会議に

クツを投げて逮捕、起訴されたAさんの第3回公判が開かれます。今回は

いよいよ田島泰彦教授(上智大学)と清水雅彦教授(日体大)が弁護側証人

として登場し、同法そのものの違憲性と強引極まる審議、採決の異常性、

違法性を法廷で明らかにしてくださいます。

秘密保護法の酷い内容、お粗末すぎる審議手法などを暴き、秘密保護法

と安倍政権への反対運動を盛り上げるためにも、ぜひたくさんの傍聴者で

東京地裁を埋め尽くしましょう!

 

★検査側の立証はあまりに薄い。今こそこちらが攻め込む時!

6月19日の第2回公判では、検察側が「Aさんのクツによって国会審議が

妨害されたこと」を立証しようとしました。しかし、参議院の衛視や当時の

事務総長の証言を聞けば聞くほど、クツは国会審議に何の影響も与えな

かったことが明らかになりました。

今回は、そもそもなぜAさんがクツを投げざるを得なかったのか、2人の

著名な大学教授が裁判官、検察官に教授する機会です。

 

★前代未聞の強権指揮。安藤章裁判長の暴走を止め、大法廷獲得を!!

第1回公判では少し拍手しただけの人、声を発した人が5人も法廷外まで

 退去となり、第2回公判では一言異議を唱えただけの人が地裁職員に

集団で襲いかかられ、法廷外退去させられました。裁判長のやりたい放題

を許しているのは、間違いなく429警備法廷です。全ての傍聴人が入れる

大法廷を絶対に獲得しなければなりません。そのためにも一人でも多くの

傍聴者が必要です。

みなさん、8月29日(金)午後1時までに東京地裁にご参集ください!

 

12.6秘密法国会傍聴者弾圧救援会

ブログ: https://himitsuhokyuen.wordpress.com/

ツイッター: @himitsuho_9en

メールアドレス: himitsuhokyuen@gmail.com

〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル5階 救援連絡センター気付 03-3591-1301

 

弁護士費用や救援会活動費のため、より一層の救援カンパをお願いします。

★振替口座:00130-0-586573

「12.6秘密法国会傍聴者弾圧救援会」

★銀行からの振り込み 〇一九(ゼロイチキユウ)店(019

当座0586573 ジュウニテンロクヒミツホウコッカイボウチョウシァダンアツ

広告